沿革沿革

トピックス
昭和34年6月 福岡県園芸農業協同組合連合会発足

昭和49年10月

甘木加工工場(現甘木工場)竣工
昭和50年4月 福岡県学校給食用みかんジュース供給が始まる。
昭和51年 人参搾汁開始(翌52年ふくれん人参MIXジュース発売)
昭和54年 甘木工場みかん搾汁量5万4,777トンとなる。
平成4年 甘木工場人参搾汁量2万3,013トンとなる。
平成9年10月 宮田食品加工センター(現宮田工場)竣工
平成10年3月 甘木工場炭酸缶ライン稼働
平成10年4月 JA福岡園芸連とJAふくおか購販連が合併し、福岡県農業協同組合連合会(JAふくれん)が発足
平成10年9月 宮田工場カートカンライン稼働
平成10年10月 宮田工場大豆の搾汁開始(豆腐の販売開始)
平成12年3月 豆乳製品 製造開始
平成13年4月 農協組織再編により福岡県農業協同組合連合会が全国農業協同組合連合会との統合に伴い、飲料食品加工事業を分社化し、当社(株式会社ふくれん)が発足
平成15年3月 宮田工場発芽玄米ライン稼働
平成16年3月 甘木工場豆乳1,000ml専用ライン稼働
平成20年2月 甘木工場リニューアル
平成24年3月 甘木工場小型ペットライン稼働